包茎手術の安心・安全性について

やっぱり包茎手術は不安になるものです。

包茎手術を受けるに当たっては、手術の安全性ももちろん気になるところです。
何しろ男性の最も敏感な部分である性器にメスをいれることになるのですから、痛みはないか、あるいは機能を損なう恐れはないか、気になるものです。

 

包茎手術は実際に何をするの?

包茎手術自体は表面の皮を切除するという簡単な手術です。
至ってシンプルで他の外科的手術と比較してもそれほど高度な技術は必要としません。
もちろん男性のある意味最も敏感な部分へメスを入れるわけですから、医師なら誰でも簡単にできるというものでもありません。

 

見た目に関する失敗

包茎手術の失敗例としては、審美面での失敗と機能面での失敗があげられます。

審美面ではよくあるのが縫合している部分の上下で色が異なっている、いわゆるツートンカラーとなるものです。

ただしこれはクランプ法など手術法によってあらかじめ生じることがわかっていることが多く、失敗とはいえないものが多いものです。
また手術後に予想以上に傷痕が多かったり、縫合している部分が腫れあがったりしていることがあります。
このような審美面での失敗は再手術をすれば復できることが多いのですが、その分費用が余計にかかることになります。

 

最悪を想定すると。。

機能面での失敗としては、誤って性感帯に傷をつけてしまい感度が下がったり最悪の場合はまったく勃起しなくなってしまいます。
また必要以上に包皮を切除してしまったことにより、勃起時に突っ張るような痛みが生じることがあります。
これら機能面の失敗は再手術して修復するということはできないので、注意したいところです。

 

専門クリニックが最も安心できるのは間違いない

このような失敗がないよう、あらかじめ十分にクリニックの手術の安全性を確かめておく必要があるといえます。

愛知県にお住まいの方は、名古屋市に全国展開している大手包茎治療クリニックが多くありますので、まずは無料カウンセリングを受けられてみてはいかがでしょうか。
単に費用が安い、キャンペーン実施中というようなことで選ぶのではなく、執刀医の経験数など技量で選ぶことが安全上最も重要です。