包茎手術のデメリット|名古屋市の包茎手術病院・クリニック

手術跡が残ってしまう?

包茎手術のデメリットとしては、手術跡が残ってしまうことが多いという点がまずあげられます。

クランプ法や環状切除法などは手術としては簡単であり短時間で終了します。
しかし余った皮を切除した後縫い合わせた部分の境目で色が変わる、いわゆるツートンカラーとなってしまいます。

性行時にパートナーにばれやすく、また温泉など公衆の場へ行くのも恥ずかしくなってしまうなどの弊害があります。

これらの手術法は費用が安くて済むのが最大のメリットなのですが、手術は一生ものですから、やはり慎重に考えて手術法を選ぶべきです。

真性包茎やカントン包茎の場合は泌尿器科で手術を受ければ保険が適用されますので費用は安くなります。
しかし泌尿器科での手術は審美面はほとんど考慮されず、あくまで機能面の修復という観点から手術を行いますから仕上がり具合は肩を落とす結果となるかもしれません。

 

包茎治療クリニックで多い事例

また包茎治療クリニックで現在最も一般的に行われている亀頭直下埋没法は、余った皮を切除した後亀頭の下のカリの部分で縫い合わせるというものです。
この手法ですと縫合している部分が亀頭で隠れますから、とても自然な感じの仕上がりとなるのが最大の特長です。

ただし技術的に難易度が高く熟練した執刀医でなければ行うことができません。

お値段ももちろん高くつくことになります。

 

包茎手術の副作用

包茎手術の副作用ですが、とてもデリケートな部分にメスを入れますから、キズが残ることや腫れあがる場合があります。
皮の切除が適切でなかった場合、先端に皮が余分に残ったり逆に勃起時に突っ張る感じがして痛みが走ることがあります。
自分が受けようとしている手術はどのような方法であって、デメリットは何かなど、無料カウンセリングで十分に納得するまで説明を受けるようにしましょう。

 

納得のいく包茎の手術を受けるのなら、【絶対に】実績のあるクリニックを選ぶべきです。
愛知県にお住まいの方は名古屋市に大手のクリニックが数多くあります。
一度無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。