症状に合った包茎手術を選ぶ

包茎手術の手法には、様々な種類があります。

かつてはクランプ法が主流でした。

これはクランプとよばれる器具を用いて、余った皮を切除するという方法です。
器具の扱いに慣れれば経験の浅い医師でも簡単に短時間で手術が行えるというメリットがあります。
しかし術後の仕上がりはいわゆるツートンカラーとなってしまうのが欠点でした。
現在ではクランプ法は影を潜め、多くの手術が行われています。

 

環状切除法

環状切除法は余分な皮をペニスに対して輪切りにして縫合するというものです。
縫合に使われる糸は溶ける糸を使うため、抜糸の必要がありません。
手術自体はそれほど高度な技術を要するものではないため手術時間も短く、術後の痛みもそれほどありません。
費用も安くて済むのも特長のひとつです。しかしやはり仕上がり具合は縫い目の部分で色が異なるツートンカラーとなってしまいます。

 

亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法は、余分な皮を切除した後亀頭のすぐ下の部分で縫い合わせるという手法です。
この手術法の最大のメリットは亀頭の直下部分で縫合するためにツートンカラーにはならず、手術したことがわからないくらい自然な仕上がりになるということです。
ただし高度な技術を要する手術であり費用も高額になります。

 

切らない手術法というのもあります。

包茎を治療するだけでなくペニスを長くして早漏対策も行うというものです。
詳しくは愛知県名古屋市のヒルズタワークリニックへどうぞ。

 

ほかにも美容クリニック独自の手術方法が開発されています。

自分に合った包茎手術を選ぶには、まずはネットでどのクリニックがどのような手術を行っているか、予算はいくらか、さらに口コミを調べてみましょう。

そして実際にクリニックで無料カウンセリングを受けることが大切です。

術後の仕上がり具合は悪くても安く仕上げたい、あるいは逆に費用が高くなってもいいから美しく仕上げてほしいなど、手術に対する考え方は人それぞれでしょう。
スタッフから詳しい包茎手術の方法や料金をよく聞いて、納得をしてから手術を受けることが重要です。