手術後の副作用と流れについて 名古屋市の包茎手術病院・クリニック

包茎手術に副作用はあるの?まずば手術の流れから

包茎手術は日帰りでできる手術ですので、簡単な手術なのですがそれでも一応手術なので、術後にある程度気をつけることがあります。

まず、最初の一週間が一番感染症なのど起こりやすい時期となっているので、この時期を乗り越えることが大事になってきます。

お風呂に浸かることはもちろん、病院や患部の状態によっては、シャワーも浴びることができないので、お湯で絞ったタオルで全身を清潔にする必要があります。

 

また、包帯を巻いているのでその包帯が汚れたりしたら、包帯を変えてもらいに病院へ行く必要があることもあります。
1週間が過ぎると、大分適当に扱ってもよくなり、時々消毒しながら、様子を見ます。
完全に完治するのは、大体一ヶ月と言われていますので、一ヶ月間は気を配って生活する必要が出てくるでしょう。
包茎手術の副作用としては、よく言われることで、感度が低下することがあります。

 

昔はこんな事例もあったそうです

最近の手術方法なら、そこまで感度が低下することはなくなったのですが、ひと昔前だと、性感帯の部分を切ってしまったりしていたので、酷く感度が落ちて、医者に抗議するという事態もありました。
また、通常の手術方法を取ると、皮を接合するので、接合した前後で皮の色が変わってしまい、少し目立つようになってしまいます。

※現在はそのような事はほとんどないのですがそれでも心配な方は専門クリニックで相談する事をおすすめします

目立たないように、かりの部分丁度に皮の長さを合わせる方法や、ペニスの根元の皮を取る方法なども開発されていますので気になる方は、手術前に一度お医者さんに相談してみた方が良いでしょう。