包茎はガン(癌)になりやすい?

包茎はガンになりやすい?

医学的な根拠としてはっきりと確立されているものではありませんが、決して軽視してはいけません。
特に関係性が高いとされているのが、陰茎ガンです。

陰茎ガンはその名の通り、ペニスがガンになってしまうという恐ろしい病気です。

日本人は成人男性のおよそ6割から7割が、何らかの包茎になっているといわれています。
そのため注意しなければならないガンといえるでしょう。

 

ガンになる原因として

原因は亀頭と皮の間に溜まった恥垢がガン化するといわれています。つまり亀頭を清潔にしておけば防げる病気です。

仮性包茎の人は重度の症状でなければ手でペニスの皮を剥いで亀頭を完全に露出させることができます。

カントン包茎の人も平常時に皮を剥けるようでしたら、剥き癖をつけるようにします。

そして入浴時など痛みが生じない程度に皮を剥いでシャワーをするなどして清潔にしておくことが大切です。
真性包茎の人は皮を剥くのが困難ですから、溜まった恥垢をきれいに洗い流すのは困難でしょう。
そのため手術を受けて包茎治療を受けた方が陰茎ガンのリスクが低くなります。

 

子宮がんとの関係は?

包茎の状態がガン(癌)になりやすいのか?|名古屋市の包茎手術病院・クリニック

 

もうひとつのガンである子宮ガンは、パートナーのペニスが不潔な状態で性交渉を行うことが原因のひとつではないかといわれてきました。

特に子宮頸ガンは包茎と直接的な関係があるといわれてきましたが、この説は今では否定されています。

しかし包茎で溜まった恥垢が間接的に関与して子宮頸ガンを引き起こす可能性はぬぐい切れていません。
女性側が子宮ガンを防ぐためには、コンドームを装着するなどのほかに、相手が包茎である場合には恥垢を洗い流してペニスをきれいにするということも大切です。
本当に手術が必要とされている包茎の人は、やはりきちんと治療を受けておく必要があります。
ガンは命に係わる重大な病気ですし、パートナーに移してもいけません。
愛知県の人は名古屋市にある包茎治療専門クリニックを訪れてみてはいかがでしょうか。まずは無料カウンセリングを受けられることをおすすめします。