包茎手術の術後について知っておくべき事

基本的に外科手術ですので痛みはあります。

包茎手術も外科的手術のひとつですから、痛みは大いに関係してくる問題です。

しかも男性にとって最もデリケートな部分へメスを入れるのですから、手術を受ける人にとっては誰でも不安になるものです。
手術を受けるに当たっては、費用もさることながら手術前後の痛みというものも非常に気になる要素でしょう。

包茎手術の麻酔は基本的に局所麻酔によって行われます。
これも全身麻酔じゃないと不安だと多くの方が思われるでしょう。
しかし局所麻酔であっても麻酔が効いている間は痛みはほとんどなく気にすることはありません。
それでもどうしても気になるという人のために、全身麻酔を選べるクリニックもあります。

 

包茎手術にまつわる痛み

手術前の麻酔注射の痛み、手術後の麻酔が切れた後に生じる痛み、それに新たに露出した亀頭部分の痛みに分けることができます。
手術前に行う麻酔注射は、極細の注射針を用いてできるだけ痛みがないように行われます。
またクリニックによってはこの麻酔注射をする前に表面麻酔をして麻酔注射の痛みをなくすようにしている場合もあります。
しかし痛みを感じさせることなく麻酔注射を行うには、やはり医師の技術によるところが大きいようです。
熟練した優れた医師であればこそ、痛みのない麻酔注射ができるというものです。

 

麻酔が切れてからの痛み

麻酔が注入されるとペニスの感覚は完全に麻痺しますので、手術中は痛みの心配はありません。
問題なのは麻酔が切れてから生じる痛みです。
縫合した部分からかなり大きな痛みが生じるようになります。
痛みを抑えるためにガーゼを巻き、場合によっては痛みどめの飲み薬を飲みます。
この状態で数日間は我慢するようにします。
ジーンズなどの股間を締め付けるようなズボンは履いてはいけません。

 

これら手術に直接関係する痛みとは別の痛みもあります。

つまり手術によって露出した亀頭が布などに擦れて感じる痛みです。
特に真性包茎の場合はそれまで皮を被っていた亀頭がいきなり外部に露出するわけですから、何かにちょっと触れただけでかなりの痛みが走ります。

これは手術とは関係なく包茎を治すためにどうしても避けて通れないものです。

痛みが引くまでには個人差があり数週間程度かかるかもしれませんが、これもガーゼを巻くなどして対応します。
いずれ亀頭の敏感な状態も慣れて治まりますから、それまでの辛抱です。