名古屋市の包茎手術病院・クリニック・性感染症や病気にかかりやすい?

包茎の人は性感染症にかかりやすいのか?

日本人男性には包茎が多いとされていますが、一般的に包茎は何らかの対策を行わないと病気になりやすいので注意が必要です。

まず、一番言われることが、皮が被っているので、その部分に垢が溜まり、細菌や雑菌が発生しやすくなって病気になりやすくなるという問題があります。

この垢を溜めたまま放置しておくと、尿路感染症や陰茎ガンなどにかかる確率が高くなるとされているので、お風呂に入った際に毎日きれいにするなどの対策が必要です。
また、性行為の際のHIV感染率が包茎の人は高いことでも知られています。

 

HIVも他人事ではないかもしれません。

これは、HIV患者が包茎だった場合の話で、HIV患者には皮の内側に多くのHIVウイルスが存在しているので、包茎のHIV患者と性行為を行うと、一気に感染確率が高くなってしまいます。

皮の内側をきれいに保つというのも包茎の病気対策には有効なのですが、切除手術するという手ももちろん有効です。
包茎の切除手術に関しては、昔は衛生状態が悪いところでやっていたので、病気にかかる人もいましたが、
最近の病院ではそういったことはなく、他の手術に比べれば簡単な手術なので、包茎手術で病気にかかりやすくなったりすることはまずありません。
その他、性行為の際に皮が裂けて傷をおってしまったりすることがあるというデメリットもあるので、包茎手術をするかどうか迷っている人は、そういったデメリットをよく理解した上で、やるかどうかをお医者さんなどに相談しつつ判断した方が良いでしょう。