仮性包茎の真実

日本人の包茎で最も多いのが仮性包茎

仮性包茎とは、平常時にはペニスが皮を被っているが、勃起時には皮がめくれて亀頭が露出するもの、あるいは勃起時にも自然には亀頭が露出しないが、手で皮を剥いてやれば亀頭が露出するものをいいます。
ただし後者の勃起しても皮がめくれないケースでは、手でめくれば無理なく完全に亀頭が露出するものと、皮の先の方が細くなっていて痛みもあり完全に亀頭を露出できないものがあります。

後者の完全に露出できないものは、同じ仮性包茎でもカントン包茎という別の名前で呼ばれます。
つまり皮の先の方が狭くなっている状態では、無理に皮をめくろうとすると途中で元に戻らなくなって亀頭を締め付けることになり、大変危険です。

 

感染症・性感染症・早漏などのリスク

仮性包茎は真正包茎やカントン包茎とは異なり手で皮を剥けば亀頭をすべて露出させることができるため、機能面においてそれほど気にはされないようです。
それではまったく安心できるものかというと、そうではありません。
平常時に皮を被っている以上、どうしても恥垢が溜まりやすくなってしまいます。
しかも湿った状態でいるためにとても不潔になり、感染症などにかかる恐れがあります。
さらにそのような状態でパートナーと性行為を行った場合、性感染症や子宮頸がんなどを引き起こす可能性もあるのです。
また皮を被っている時間が長いことから亀頭部分が摩擦などに敏感になり、性行為において早漏となることが多いようです。

 

包茎手術に保険が適用になるか?

仮性包茎の場合は深刻な健康被害の可能性がある他の包茎とは異なり、泌尿器科で手術を受けるにあたっても保険が適用されず、実費での手術となるのが難点です。
ただ真正包茎やカントン包茎とは異なり、日頃の自分での心配りである程度矯正することは可能です。
普段からペニスに触れる機会があれば、痛みなどの無理がない程度で皮を剥くようにします。
また恥垢が溜まっていればその場で拭き取るようにしましょう。
入浴時にも皮を剥いてシャワーをするなどして毎日清潔にしておくことが大切です。

 

愛知県にお住まいで仮性包茎でお悩みなら、名古屋市にあるABCクリニック美容外科がおすすめです。
全国に14の医院を展開している包茎治療のスペシャリストです。
まずは無料カウンセリングを受けられてはいかがでしょう。