手術時の準備・心構え

まずは何をするべきか?

包茎に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
まずは本当に包茎手術を受けなければならないかをよく考えるべきでしょう。
自分の包茎の状態を踏まえて、まずは無料カウンセリングなどでしっかりと説明を受けるべきです。

 

クリニックを選ぶ事から

包茎手術を受けるにあたっては、どの病院で受けるかということをまず考えなくてはいけません。
包茎手術は真性包茎やカントン包茎の場合、泌尿器科で手術を受ければ保険が適用されるため、手術費用が安くなります。
ただし泌尿器科での手術は仕上がり具合が悪いことから、多くの人は包茎治療クリニックでの手術を選ぶようです。
もちろんクリニックならどこでもいいというわけではありません。
包茎手術は一生ものですし、やはり自分の納得のいく手術が受けられるクリニックを探したいものです。

 

包茎手術自体は、それほど高度で難しい手術というわけではありません。

外科的手術とはいえ胸や腹部などを切開して臓器にメスを入れるというような手術とは違います。
余分な皮を切除するという至ってシンプルな手術です。
ただしその部分が非常にデリケートといえる性器であるだけに、100%安全とはいい難いのです。
実際少なからず手術ミスも発生しています。
そのほとんどは経験の浅い医師によるものですから、経験豊富な熟練医師が執刀してくれるかどうか、無料カウンセリングで十分に確認しておきたいところです。

 

手術内容や仕上がり具合も確認しておきましょう。

包茎手術にはいくつかの種類がありますが、例えば費用が安い手術方法では、正常に手術が終了しても仕上がり具合が悪い場合もあります。
これは手術ミスではなくそのように仕上がる手術法であったということで、手術を受ける側の認識が不足していたということになります。
仕上がり具合が悪ければ再手術で矯正することも可能ですが、手術を受ける前に十分に確認しておきましょう。

 

愛知県にお住まいの方は名古屋市にクリニックが多くありますので、ぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングで手術の必要性から費用、仕上がり具合など、十分に説明を受けた後に手術を決めるといいでしょう。