名古屋市の包茎手術病院・クリニック・矯正リングははたして有効なのか?

矯正リングは手軽に試せる反面、粗悪品も多いので注意して使うことが必要

包茎矯正器具という包茎を治すための器具が多く出回っていますが、手軽に試せる反面、粗悪品も多いので注意して使うことが必要です。

 

一番有名なのは、リングタイプのものです。

皮を剥いた状態で、リングをはめ、皮が元に戻らないようにすることで、むけた状態を維持し続けて、剥けた状態の癖を付けるというものです。
輪ゴムや金属製のような、伸縮しない製品を選んでしまうと、通常時は良いのですが、勃起時にしまってしまい、非常に痛い思いをしたり、血が溜まって血管を痛めたりするため、注意が必要です。
また、リングが汚れたまま装着し続けると、感染症や、かぶれ、細菌がわいて痒くなるなどの弊害もあるので、注意しましょう。

 

次に、接着剤を付けるタイプの包茎矯正器具があります。

よく目を二重にするために専用の接着剤を使って二重にしている人がいますが、あれと同じ感覚だと考えれば良いでしょう。
しかし、これも製品にはピンからキリまであり、あまりよくない品を使っていると、

 

かぶれてしまったり、すぐに剥がれて意味がなかったりするので注意してください。

皮膚科のお医者さんや泌尿器科のお医者さんは、こういった器具を使った包茎の矯正を推奨していないので、
ある程度危険性があるということをよく理解した上で包茎矯正器具は使用するようにしましょう。

 

最初は、試しに数分付ける程度にしてみて、慣れていくに従って、
徐々に付ける時間を長くしていくという方法を取れば、粗悪品であろうとも、ある程度被害を防げるので、
よく自分に合っているかや、使えそうなものかどうかを確かめながら使うと安全性が高くなって良いでしょう。