手術時の麻酔について

手術の際の麻酔について

p包茎手術の際は、麻酔を行なって手術をするのが一般的です。
外国等では、今でも麻酔なしで切ってしまう地域もありますが、結構痛いですし、麻酔をする日本の方式が良いでしょう。
麻酔は、大抵局所麻酔を使いますが、その麻酔の注射自体が結構痛い注射の場合もあるので、麻酔の麻酔をまず行うこともあります。

 

・麻酔の麻酔とは、表面麻酔と呼ばれるもの

麻酔注射をする部分に冷却材や皮膚にしみこみやすい麻酔薬を塗ることで、注射の痛みを和らげる効果が期待できます。
また、表面麻酔を切除部分に塗り、局所麻酔と併用することで、より効果の高い麻酔となることもあるので、患部の麻酔としても使われます。
局部麻酔は、大抵注射で行われます。

 

麻酔に関して覚えておきたいもの

予防接種で注射をしたことがあるかもしれませんが、予防接種よりも針が太いことが多いので、多少痛みがありますが、我慢できないレベルではないと言えるでしょう。
麻酔注射をする場所は、陰茎の根元にある、痛みの神経が集まっている場所にすることで、感覚をなくし、手術の痛みをなくします。

基本的に日本の麻酔技術は優秀なので、包茎手術で痛い思いをするのは、麻酔注射の一瞬と、手術後に少し痛むだけです。

局部麻酔が苦手な人には、全身麻酔をする場合もありますが、まずやってくれませんので、どうしても全身麻酔をやりたい人は、お医者さんに相談しましょう。
また、術後の痛みが酷い場合も、お医者さんに相談すると、麻酔や痛み止めの治療をしてくれるので、痛みがある場合には相談するようにしましょう。