真性包茎の危険性

真性包茎は放っておくのは危険です。

真性包茎とは、ペニスが平常時はもちろん、勃起時にも皮がまったくめくれない包茎を指します。
男の子は生まれたときは、もちろんみんな真性包茎です。
それが成長とともにペニスの皮が剥けはじめ、小学校を卒業するくらいの年頃になると、ほぼ包茎でなくなるともいわれています。

 

勃起時にも皮がめくれないのは仮性包茎やカントン包茎にも見られる状態です。
真性包茎の場合は手で皮を剥こうとしてもまったくめくれない包茎をいいます。
皮がペニスに癒着してしまい、めくろうとしても激しい痛みが伴ってまったく剥くことができません。

このように真性包茎は皮がまったくめくれないために、様々な弊害があります。

 

真性包茎である危険性

皮の口が非常に小さいために、亀頭部分がとても不衛生になります。
皮を剥くことができませんから、恥垢が溜まっても洗い流すことができないからです。

さらに湿気が多い状態ですので恥垢だけではなく雑菌が繁殖しやすくなり、感染症を引き起こす原因となります。

 

性行為においてもいくつかの問題が生じます。

皮の口が小さいために精子の出方が悪くなり、不妊の原因となります。
また皮が癒着しているためペニスを挿入すると痛みが生じて、性行為自体が難しくなります。
さらには亀頭部に溜まった雑菌によってパートナーに性感染症を引き起こすことにもなります。

 

一刻も早い治療が必要です

真性包茎は自分だけでなくパートナーにも害を及ぼす恐れのある包茎であることから、泌尿器科で手術を受ければ保険適用となり費用が安くなります。

しかし泌尿器科での手術は治療費が安くなる半面、痛みが伴うものです。
しかも手術後の仕上がり具合という点は考慮しないことが多いため手術跡が目立ち、性行時にパートナーに対してとても恥ずかしく思うことになります。
こうした手術方法や術後の審美性などを考えると、やはり治療費が高くても包茎専門クリニックで手術を受ける方が後悔しなくて済むものです。
愛知県の方ならJR名古屋駅より徒歩2分の、上野クリニック名古屋医院をぜひおすすめします。