包茎手術の失敗について

主な失敗は「見た目」と「機能」

包茎手術の失敗例としては、審美面での失敗と機能面の失敗の2つがあります。
審美面の失敗とは、傷痕が多く残ったり腫れあがったりして、一目見て手術をしているとわかるような仕上がり具合になってしまった状態をいいます。

包茎手術における失敗のほとんどは、この審美面の失敗です。

経験の浅い医師が執刀したような場合に起こりやすいもので、切除すべき皮の長さを間違えたというようなミスです。
また医師によるミスではなく手術法によっては手術跡が目立ちやすいものもあるのですが、手術を受ける本人が事前にその内容を正しく理解していなかったというケースもあります。
つまり思っていたのと違う手術結果だった、というものです。

これは医師の手術ミスというよりは、手術前のカウンセリングにおけるコミュニケーションが十分ではなかったということがいえるでしょう。審美面における手術の失敗は、ほとんどが再手術を受けることで修復できます。

 

対して機能面の失敗について

機能面の失敗は性感帯に誤ってメスが入ってしまい、手術後に勃起や射精ができなくなった、というものです。
また包皮を必要以上に長く切除してしまったために、勃起すると痛みが伴うという場合もあります。

 

いずれにしても機能面の失敗は、審美面の失敗とは異なって再手術をしても元に戻らないということが大きな特徴です。
このようなミスは経験の浅い未熟な医師による執刀が原因で起こりやすいのです。
そのためできるだけ熟練した医師の下で手術を受けることが大切です。

 

こうした包茎手術の失敗を避けるためにも、無料カウンセリングでしっかりと手術内容を理解するようにしましょう。

単に費用が安いことや手術中の痛みなどを気にするだけではなく、執刀医の経験がどれくらいか、また手術方法によって仕上がり具合はどのようになるか、など後でトラブルにならないようにしっかり説明を受けましょう。
愛知県にお住まいの方は、名古屋市に多く包茎治療クリニックがあります。
公式ホームページや口コミを参考にして、無料カウンセリングを受けに訪れてみてはいかがでしょうか。