包茎手術しないほうが良い人

包茎であっても、包茎手術を行わない方が良い人もなかにはいます。

真性包茎の人やカントン包茎の人は、包皮輪が小さいですから自分で亀頭をすべて露出させることはなかなか難しいでしょう。
矯正グッズなども販売されていますが、このようなものを用いて自分で治そうとするのはかえって危険です。

皮が破れたり亀頭にキズが生じ、そこへ雑菌が入り込んで化膿することになります。
場合によっては痕が残ってしまいますから、自分で無理に治そうとするのはやめた方が無難です。
真性包茎やカントン包茎の方は、やはり手術を受けた方がいいでしょう。

 

仮性包茎は包茎のなかでも多数派です。

仮性包茎は自分で皮をめくってやれば亀頭全体が露出されます。
入浴時にシャワーなどをしてきれいに洗えば恥垢が溜まることもありません。
普段でも皮をめくるように心掛けていれば、そのうち自然に亀頭が露出している時間が長くなります。

 

仮性包茎も包茎には違いありませんから、やはり亀頭部分がとても敏感になっていて、初めは少し触れただけで痛いと感じるかもしれません。これは包茎治療では避けて通れない部分ですし、時間の経過とともに慣れてくるものですから心配は要りません。
仮性包茎は自分で矯正することが可能ですし、目立った健康被害があるわけでもありません。

手術は100%安全とはいえず僅かでも手術ミスなどのリスクは伴うものです。

それらを考えあわせると仮性包茎は真性包茎やカントン包茎とは異なり、手術は受けない方がいいといえるでしょう。

 

まずは相談から?

包茎の手術を受けたらいいか迷っている人は、包茎治療クリニックでまずは無料カウンセリングを受けてみるといいでしょう。
ここで注意したいのは、強引に手術を受けさせようと薦めてくるクリニックは断るべきです。包茎は病気ではありませんから手術の必要性をじっくり説明してもらえることが大切です。愛知県にお住まいの方は、名古屋市にクリニックが多くありますから無料カウンセリングを受けてみましょう。