包茎の人は早漏になりやすい?

早漏にはその原因によっていくつかの種類があります。

例えば性行為の経験が少なかったり長期に及んで性行為をしていない場合は、包茎でなくても誰でも早く射精してしまうものです。
また性行為の際に極度に緊張した時なども、脳が性器の働きをうまくコントロールできなくなって、早漏になってしまうものです。

包茎と早漏も関係があります。

包茎の人の亀頭部分は皮が覆っているために、亀頭表面が刺激に対してとても敏感になっているということによります。
包茎でないペニスは常に亀頭が露出していますから、パンツなど衣類の繊維に擦れています。
そのために亀頭が刺激に慣れてきて、適度な時間女性に刺激を与えて射精に至るようになります。
仮性包茎の人が性行為を行うことは、皮を剥けば普通にできます。

しかし皮を剥いだ時の亀頭はとても敏感ですから、性行為における摩擦の刺激に長時間耐えることができず、すぐに射精してしまうことになってしまいます。

亀頭の感度が適度に鈍くなっていないと、女性を喜ばせることができる性行為は難しくなります。

 

このように包茎は早漏の原因となることは確かです。

包茎とガンの関係

この場合は包茎を治療すれば解決することになりますが、しかしそうかといってあまり神経質に考えすぎるのもよくありません。
手術は費用が高額ですし僅かではありますが危険が伴うものです。
仮性包茎の人は常に剥き癖をつけるようにして亀頭にも適度に刺激を与えるようにすることで、包茎そのものは完治することはなくても亀頭の露出度が高くなります。
その結果早漏も自然と治るものです。

 

そもそも包茎だからといって必ずしも手術を受けなければならないというものでもありません。

一部の真性包茎やカントン包茎の人は確かに手術が必要ですが、多くの場合は手術なしでも自分で矯正することが可能です。

早漏も少しずつ自分で治すこともできます。
愛知県にお住まいの人は、名古屋市に多くの包茎治療クリニックがあります。
クリニックでは早漏対策の治療も行われていますから一度無料カウンセリングを受けることをおすすめします。