愛知県名古屋市の包茎手術病院・クリニックのご紹介

包茎手術の傷跡ははたして他の人にバレてしまう?

包茎手術に限らず、手術の跡というのはある程度残るものです。
手術の跡をいかに残さないかは、医者の腕の見せ所でもあるので色々と研究が進み、現在の包茎手術の跡はかなり目立たなくできるようになっています。

 

具体的には、余っている皮の部分を切らずに、根元の部分の皮を切除して、皮を上に引き上げる根部環状切除術と呼ばれる方法が有名です。
この方法を取れば、根元の部分に手術跡ができるのでほとんど目立つことがありません。
しかし、通常の方法に比べて計測が難しかったり、術後に皮が伸びやすかったりといったデメリットもあるので、注意が必要です。

 

複合曲線作図という手術法

また、最近複合曲線作図法と呼ばれる手術方法も出てきています。
この方法は、先の余っている皮を切る方法を取りますが、丁度切った跡の皮の部分を亀頭の段差になっている傘部分に隠してしまうことで、目立たなくすることができます。

 

この方法は、確かに見えにくくなるのですが、なかなか計測が難しく術後の状態もちゃんと考えて手術できる医者でないと簡単な方法ではないのでちゃんとした医者であるという確証が持てたり、
手術を受けた人の評判の良い医者を選ばないと、高い手術料金のみ取られて、今一つなできになってしまうこともあります。

 

手術跡と言っても、そこまで目立つ跡が包茎手術で残るわけではありませんので、気になる人はこういった手術方法を使ってみるのも良いですが、過度に心配することはないと考えられます。
また、手術後でも、術跡の修正を行なってくれる医者もいますので、気になる人は頼んでみると良いでしょう。